チェルノブイリ作用はハーバード大学医学部(HMS)の

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、
その膵臓からインスリンがほとんど出なくなってしまって発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。


めまいが出ず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という呼称で呼ぶケースが多いそうです。


アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、
fatty liver)という病気は、
動脈硬化や狭心症を始めとしたいろいろな健康障害の因子となる可能性が高いといわれています。


現在、若年層で長期間咳が続く結核に立ち向かう免疫力(抵抗力)を保有しない人々の割合が高くなったことや、
受診が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染が増えているようです。


内臓脂肪過多の肥満と診断され、
油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、
高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに一致するケースを、
メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。


アルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、
ゆううつな二日酔いに有効な成分です。
不快な宿酔の要因だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも携わっているのです。


ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無効になった後に販売され、
等しい成分で自己負担分を低くできる(クスリ代が高価ではない)後発医薬品のことを意味しています。


基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(心臓の鼓動、
口からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る基本的なエネルギー消費量のことを指しています。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る