体を維持するのに必要なエネルギーとして

AIDS(エイズ)とはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって生じるウイルス感染症のことで、
免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染や癌等を発症してしまう症候群そのものの事を称しているのです。


胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、
4~5日くらいきちんと処方薬を飲めば、
大抵、9割前後の患者さんの自覚症状は良くなりますが、
さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が快癒したわけではないので注意が必要です。


ちょっとした捻挫と決めつけてしまい、
湿布を貼って包帯やテーピングでとりあえず固定し、
様子をうかがうよりも、応急処置を施してからすぐに整形外科医に診察してもらうことが、
完治への近道に繋がるのです。


酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、
苦しい宿酔によく効きます。
不快な二日酔いの要因と考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の分解に力を発揮しています。


ハーバード大学医学校の調べによれば、
一般的なコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くカフェイン抜きのコーヒーを飲むと、
なんと直腸がんの危険性を5割以上も減らせたのだ。


暗い場所だと光不足により見辛くなりますが、
さらに瞳孔が開いてしまうため、
目のピントを合わせるのに余計なエネルギーが消費されてしまい、
明るい場所でものを眺めるより疲労が大きいのです。


老化が原因の耳の聞こえにくさは少しずつ聴力が低下していくものの、
普通還暦くらいまでは聴力の減退を確信を持って認識できないのです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る